クレーター肌やたるみの治療でコンプレックスを解消する施術

ほうれい線段差で老け顔に

口元

鏡を覗いた時にほうれい線が深くなってきた気がするなら、頬がたるみ始めているかも。口の両端に腹話術の人形のような縦線が付いているのも頬がたるんでいる証拠です。このラインはマリオネットラインと呼ばれ、頬肉がたるむことで段差が深くなって出来ます。年齢をかなり上に見せてしまうほうれい線とマリオネットラインを対処するには頬のたるみを解消することが重要です。軽度のたるみならヒアルロン酸の注射を行なうことで、ほうれい線の段差を薄くすることが出来ます。しかし、頬のたるみがひどく、ブルドックやパグのように垂れている場合はフェイスリフトやリフトアップ手術が必要です。昨今ではレーザーでのフラッシュ治療や糸を使ったフェザーリフトの施術もあり、頬のたるみ解消には幾つもの方法が選択出来るようになっています。たるみのレベルによって施術を選ぶことで、ほうれい線の問題を解消することが出来るでしょう。施術によってダウンタイムや金額の差があることから、施術前にはしっかりとした調査を行なうことが重要です。腕の良い医師がいる美容外科であるか、施術ケースの写真ではどうかという技能のチェックも大事です。しかし、さらに気にしておくべきことは施術前のカウンセリングや親身に相談にのってくれるかどうか、アフターフォローはどうかといった信頼が出来る対応をしてもらえるのかが最も重要です。顔に行なうことなので、失敗や修正が効かないとどうにもなりません。注意しましょう。